江頭亮(陸上・走り高跳び)の経歴や高校卒業後の進路は?ミライ☆モンスターに出演!

スポーツ

江頭亮は陸上競技の走り高跳びで高校三冠を獲得する実力者で、未来のメダルに最も近いと期待されており、

2019年12月22日(日)の11時15分から放映される「ミライ☆モンスター」に出演されます。

ここでは、江頭亮のこれまでの走り高跳び記録や経歴、高校卒業後の進路予定などをまとめました。

スポンサーリンク

江頭亮の経歴

江頭亮のプロフィールは、

2001年10月12日生まれの18歳、

身長は181cm、体重は66kgでかなりスタイルが良いです。

堺市立金岡南中学校出身、2019年現在は大阪府立大塚高等学校在学中となっています。

雑誌や新聞、テレビといったさまざまな媒体で取材や紹介がされており、今後が大きく期待されていることが分かります。

スポンサーリンク

走り高跳び、記録や自己ベスト

2019年に行われた高校総体(インターハイ)の陸上・男子走り高跳びでは、「2m15」という記録を出し、見事優勝に輝きました。

しかし、彼は日本高校記録(2m23)を超える跳躍をするという目標を持って大会に挑みましたので、目標が達成出来ず、とても悔しい思いをしたようです。

また、国体では2m18の記録を出し、U20日本選手権では2m14の記録で、それぞれ1位を獲得し、高校タイトル3冠を達成しました。

江頭亮の自己ベスト記録

江頭亮の自己ベストは2m18で、2019年8月8日に行われた高校総体の約2週間前に記録を更新しました。

大会別の記録と成績

2014年(中1) 1m 61 世界ユース1位
2015年(中2) 1m 78 世界ユース1位
2016年(中3) 2m 00 全日本中学校陸上競技選手権大会4位
ジュニア五輪 11位
2017年(高1) 2m 06 U18日本陸上競技選手権大会 記録なし
2018年(高2) 2m 10 ユース五輪アジア予選7位
インターハイ18位
U18日本陸上競技選手権大会 8位
2019年(高3) 2m 18 インターハイ1位
国民体育大会(国体)1位
U20日本陸上競技選手権大会 1位
スポンサーリンク

高校卒業後の進路

高校卒業後は「日本大学(日大)」に進学し、そこでさらに技術を磨いて日本を代表する走り高跳びの選手を目指すようです。

まとめ

江頭亮がここまで注目されるようになったのは、中学生の時に走り高跳びで2m飛んだことによります。

それから彼はどんどん新しい記録を出していき、2019年には高校3冠であるインターハイ、国民体育大会(国体)、U20日本陸上競技選手権大会で優勝し、3冠を制しました。

今後大学に進学し、さらなる新記録に挑戦していく彼をオリンピックで見ることが出来るのは、そう遠くないかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました