アベノマスクを神奈川で寄付する場合はどうする?申し込み先や引受先を調査

「アベノマスク」という名称がすっかり定着した政府から1世帯2枚配布される布マスクですが、「布マスクの寄贈殺到」というニュースが話題となりました。

それだけマスクに困っていない方が多いということでしょうか。

神奈川在住の我が家にも先日ようやく届きました。

しかし、最近では各地のスーパーやホームセンター、薬局でも少量ながらマスクの販売が再開され、ありがたいことに高額を支払わなくてもマスクを手に入れることが少しずつ出来るようになってきました。

「アベノマスク」にはさまざまな意見や見解がありますが、もし不要な場合は「寄付する」ということが出来るようです。

ここでは、政府から届いたアベノマスクを寄贈、寄付したい場合にはどうすればいいのか?神奈川県の場合について調べました。

スポンサーリンク

アベノマスクを寄付するには?

ニュースで話題になった「布マスクの寄贈」は神奈川でも行っているのでしょうか。

※現在神奈川県内で布マスクの寄贈、寄付を受け付けている団体や場所については詳細を調査中です。

スポンサーリンク

アベノマスクの寄贈や寄付で気を付けたいこと

アベノマスクや布マスクを寄贈、寄付する場合は、マスクを袋から出してはいけません

衛生用品ですから、開封してしまったり袋から出してしまうと、寄贈や寄付する際に受け付けてもらえなくなりますので、ご注意ください。

スポンサーリンク

アベノマスクを「寄付する」人の本音とは?

アベノマスクの寄贈殺到のニュースが話題となるその裏側には、「アベノマスク」に対するさまざまな意見や見解があると思いますが、みなさんはどのような思いでいるのでしょうか?

まとめ

アベノマスクを配布した政府側は、新型コロナウイルスの第二波、第三波に備えて、

「布マスクは手元に残しておいて欲しい」というようなコメントを出していましたが、

不織布のマスクや手作りマスクが多く普及した今ではもう必要がなくなってきている気もしますね。

タイトルとURLをコピーしました