マスクの下にファンデーションは肌荒れになる?マスク着用時のメイクについて

美容の話

新型コロナウイルスの影響で長時間マスクを着用する日々が続いていますが、マスクで肌荒れし始めている方、多いのではないでしょうか。

先日私もマスクの長時間着用で、頬と鼻の周りに赤い点々が出てしまい、肌が荒れてしまいました。

いつもなら肌荒れなんてしないのに…、長引く自粛生活のストレスも影響しているかもしれませんね。

こちらでは、マスクで肌が荒れてしまうのはマスク自体に原因があるのか?

それとも、ファンデーションやメイクが原因で肌が荒れるのか真相を確かめてみました!

スポンサーリンク

マスクで肌荒れはファンデーションが原因?

マスクで肌荒れが起きてしまう原因として主なものは、「マスクが肌に擦れてしまう」からで、ファンデーションは原因とはならないと言いたいところですが…、

マスク+ファンデーションで肌の通気性が悪くなり、蒸れてしまうことで肌荒れの原因ともなるようですので、「原因にはならない」とは言い切れません。

マスクの素材によって肌荒れが起きてしまうこともありますし、ファンデーションが合わなくて肌荒れを起こす、マスクやファンデーションではなく体調やストレスが影響している場合など、さまざまな原因が考えられます。

スポンサーリンク

マスクで肌荒れが起きないようにするには?

マスクで肌が荒れてしまった場合、しばらくマスクの着用やメイクそのものを一時お休みすることが一番望ましいですが、なかなかそうもいかない場合がありますよね。

そんな時は、マスクのサイズと素材を見直してみるのがおすすめです。

サイズの合うマスクを使う

マスクは顔のサイズに合っていないと、思わぬトラブルに見舞われることがあります。

大きすぎるマスクですと、顔にフィットせずに隙間が出来てしまい、ズレて皮膚を擦ってしまうことと、マスク本来の機能が発揮出来なくなる恐れがあり、

逆に小さすぎるマスクですと、口や鼻が覆い切れずにマスクとして機能しない問題や、ゴム紐がきつくて耳が痛くなる、小さいマスクが顔を圧迫して肌に負担をかけてしまうなどのトラブルがあります。

こういった問題を防ぐには、やはりサイズの合うマスクをすることが大切です。

肌に優しいマスクを選ぶ

市販で販売されているマスクには、いろいろな素材で作られたマスクが売られており、定番の不織布で作られたものから、お肌に優しい素材で作られたものなど、

さまざまな種類のマスクがあるので、そちらを試してみるのもおすすめです。

肌の保湿をしっかり行う

今まで使っていたマスクから新たに合うマスクを探すのが手間だったり、合うマスクが見つからなくて…という場合には、

肌をしっかりと「保湿」して対策するのもおすすめです。

肌を保湿する以外にも、マスクの肌に直接触れる部分にクリームを塗って対策する方法もあります。

不織布で作られた使い捨てマスクは、ワイヤーが入った鼻が当たる部分や頬の部分が特に擦れますので、

擦れる部分に直接クリームを塗ることで、肌との間にクッションの役割を持たせることも出来ます。

柔らかいテクスチャーのクリームですとマスクに染みてしまうので、固めのクリームや、ヴァセリンなどがおすすめです。

スポンサーリンク

マスク着用時のメイクについて

マスクをする時、あなたはどこまでメイクしますか?

私は仕事とプライベートどちらもフルメイクでマスクをしますが、以下のようなアンケート結果を見つけました。

1位・フルメイク 38%
2位・眉毛+アイメイク 35%
3位・眉毛だけ 12%
4位・すっぴん 15%

MINE(マイン)「マスクをしているときのメイク、どこまでする?」300人にアンケートした結果より

タイトルとURLをコピーしました